ジーンズリペア・補修・デニム修理のHANZO

郵送にて全国対応中。世田谷区の直し家

(用賀・豪徳寺・千歳船橋・尾山台・三軒茶屋・松陰神社)にて持ち込み可。

ジーンズリペアに際して、ご承知頂きたいこと(重要事項説明)

【修理につきまして】
破れ・スリキレの大きさ、劣化の状態、生地の地の目の状態に応じて、糸を細かく入れたり、粗く入れたりして糸の分量を調整致します。また糸を入れる方向も、通常は縦方向ですが、状況に応じて斜め方向にも加えます。お客様からご指定がある場合を除いて、当方の判断で修理を行いますことをご承知下さい。(料金に変更はありません)・ヤブレ箇所の裏側に、補強を目的とした布を当てて修理致しますが、素材は、デニム生地や芯地を使用します。 またヤブレ箇所の生地が部分的になくなっている場合、擬似的に横糸を埋め込み修理致します。お客様からご指定がある場合を除いて、当方の判断で使用する素材を選択致しますことをご承知下さい。(料金に変更はありません)・基本的には、ステッチ糸はほどかずに修理を行います。(膝の修理などは、ステッチのかかっていない方をほどきます)が後ろポケットのリペアを行う際など、ステッチをほどかざるを得ない場合があります。この場合、かけ直すステッチの色は同系色のものを使用しますが、修理前の色と厳密には相違しますことをご承知下さい。
【納期につきまして】
お見積り時に、納品日をお伝え致します。できる限り早くお届けできるように努力しておりますが、込み具合、お品物の作業想定時間に拠り、たくさんお時間を頂く場合がございます。お時間に限りがあるときは、事前にお問い合わせ・ご要望頂ければと思います。可能な限りご期待に添えますよう尽力致します。
【当方へ郵送頂く際の注意事項】
洗濯してお送り頂きますようお願い致します。洗濯をしていないお品物も修理することも可能ですが、特に膝の部分などお客様の体型に沿ってシルエットができておりますので、洗濯前のものを補修しますと、生地が伸びている状態で補修することになりますので、修理後のシルエットも生地が伸びている状態になってしまいますことをご承知下さい。
【補償】
仕上がり状態がお客様のイメージするものと相違した場合、①生地に縫いこむ糸の数を増やす②補修の範囲を広げるのいずれかの方法で再加工を行います。但し、補修した糸をほどいて再加工を行うことは、修理の性質上できませんことをご承知頂き、ご注文下さい。 また、再加工のご依頼は、当方からお客様へ発送した日より、14日以内とさせて頂きますことをご承知下さい。・お預かりした商品の管理には、万全を期しておりますが、万一紛失してしまった場合は、品物 の現存価格を上限として、補償します。現存価格とは、購入後6ヵ月未満の品は、購入価格又は市場価格の85%、1年未満は70%、2年 未満は50%、3年未満は25%、3年以上は15%を上限とし、保障額の上限は4万2500円となります。 尚、海外で購入されましたお品物については、国内類似品の現存価格 を基準に補償いたします。 また5万円を超えるお品物の修理はご遠慮させて頂いておりますことをご承知下さいませ。

Top / メニュー表を見る / 修理事例を見る / ハンゾ―のリペアって? / ご注文~お引き渡し迄 / 注文書プリントアウト / リアル店舗 / ご承知頂きたいこと

Copyright © 2013 ジーンズリペアHANZO  All Rights Reserved.