HANZOのジーンズリペアとは

ジーンズリペアHANZOはジーンズの穴・破れの補修を専門に行っております。
お蔭様で、これまで約20,000本をてがけてまいりました。
丁寧な仕事と明確でリーズナブルな価格設定で幅広いお客様にご利用頂ております。
長く着用しているデニムは 自分と相性が良い服で、何となく気分が引き締まったり、気分が高揚したりするもの。
購入したときは同じ状態だとしても、その方の行動パターンや、穿き方、メンテナンスの状態で、この世に1着しかないものにかたちを変えていくわけですから、デニムは持ち主の方の歴史を反映する希少な衣類だと言えます。
そんな思いのつまった御客様のジーンズを心を込めて修理させて頂きます。
はじめての御客様でも安心してご利用頂けるようにわかりやすい説明を心がけています。

全国から郵送で修理を承っております。修理したジーンズは自宅で受け取ることが可能です。
対面でのご注文は、Hanzoの姉妹店「直し家」へ品物をご持参下さい。世田谷区にて7店舗で営業しております。

HANZOのミッション

  1. 愛着あるジーンズの再生を、安心·信頼して託して頂ける、日々技術の研鑽に励む職人集団たること
  2. 丁寧な仕事とわかりやすく、リーズナブルな価格で、初めての方でも安心して依頼できる敷居の低い修理屋となり、ジーンズ修理を広く日常的なものにすること
  3. 品質の追求と技術の開発

HANZOの品質について

こころがけ

”頑丈”なこと

沢山の糸を入れれば、破れ箇所は頑丈になりますが、糸を入れすぎると”しなやかさ”を失います。
硬くなりますと、リペアした箇所としていない箇所の境目に力がかかり、やぶれやすくなりますので、その”さじ加減”に意識を集中します。破れた箇所だけではなく、その周辺も荒く糸をいれることで、強度を保ちます。

デニム地に馴染み、自然であること

リペア箇所が周囲と自然に調和してなじむ状態を心がけます。御客様の好みと破れ箇所の状態により、2つのやり方があります。

  • ダメージ感(破れている感じ)を残してリペアする方法=「ダメージリペア」
  • 破れ箇所がなるべく目立たなくなるようにリペアする方法=「縫いつぶしリペア」

いずれも周囲と違和感なく馴染むように、糸の選定(2色~3色)、糸の間隔、方向、分量などを吟味して手掛けます。

*「縫いつぶしリペア」は、品物の状態により対応できない場合もあります。

できる限り”しなやか”であること

破れ箇所の裏側に補強を目的とした布を充てますが、頑丈で、やや薄目の接着芯を使用します。
基本的には、デニム生地は厚みがあり、固くなりますので充て布に使用しません。(前ポケットの淵·裾、御客様のご要望がある場合は、使用します)また、縫い込む糸の分量が多すぎると硬くなりますので、見た目としなやかさのバランスを考えて修理をおこないます。

2つのリペア

HANZOは、メニューを絞り込み2つの方法でリペアをおこなっています。

  • ❶ ダメージリペア・・・あえてダメージ感を残して穴をふさぐ方法です。※ダメージ感を残しますが、穴はしっかりふさがります。
  • ❷ 縫いつぶしリペア・・・修理痕が極力目立たないように、穴を縫いつぶして仕上げる方法です。※破れの状態により対応できない場合があります。

ダメージリペア

ダメージリペアは、あえてダメージ感を残す方法です。「縫いつぶしリペア」より、糸を荒く縫い込みます。横糸(白い糸)がなくなっている場合は、新に横糸を埋め込みます(足します)ダメージ感を残しつつも、裏側にあて布を強度を補い、頑丈に仕上げます。

*破れ方により、ダメージ感が出ない場合があります。

縫いつぶしリペア

縫いつぶしリペアは、修理痕が、極力目立たないように破れを塞ぐリペアです。極めて細かく糸を入れて、破れを縫いつぶします。糸の色は平均で2~3色使用します。破れ周辺になじむように、糸の入れ方、色の選択に工夫をこらします。

*破れの縦の長さが5センチを超えるとこの方法でリペアを行うことが出来ません。